税理士もきちんと選んでトラブルを避けよう

最初のこの1ページ目では「税理士」という資格を持っている人は、どういった役割を担い、どのような仕事を普段はしているのか、その基本的な部分について解説していきたいと思います。 できる限りわかり易く解説していきたいと思いますので、掴みとしてお読みください。

税理士のしている仕事とは

こちらのサイトでは、税金という誰もが関わって生きているこのお金について、専門家として向き合っている「税理士」の概要と、その「税理士」と関わっていくにあたり、気をつけておかなければいけないことなどについて、解説していくことを目的としています。
「税理士」それは、この日本という国において「税金に関することがら」すなわち「税務」を専門的に取り扱う資格のことであり、そしてその資格を取得し、日々税務に関する業務を請け負っている人々のことを言います。
「税理士」は国家資格であり、簡単に取得できる資格ではない分、取得した場合は、税理士にしか認められていない様々な仕事に携わることができ、そして、企業であっても個人であっても、必ず「税金」と関わって生きていくこの国の仕組み上、とても重要な役割を担っているといっても過言ではありません。
そのため、確定申告や課税に関する相談などが、日々、税理士のもとに舞い込んでくるのですが、そうした中で生じる税理士とクライアントの関わりについては、気をつけておくべきポイントがいくつかあり、それについて解説をするのが、このサイトの役割です。
最初のページでは、そもそも「税理士」とはどういう仕事なのかを解説していきます。
次のページでは、そんな税理士との関わり方として考えておくべきことをまとめています。
そして最後のページでは、税理士を目指すための資格取得方法や、その道のりなどを解説していますので、最後までお読み頂けると幸いです。

税理士とのトラブルを回避する方法

こちらの2番目のページにおいて解説することは、先のページで解説した「税理士」と呼ばれる人たちの中にも、注意をしておかなければいけない人たちがいるということです。 ネガティブな話にはなりますが、過去にトラブルも実際にありますので、気を払っておくべきこととして、主題として解説します。

税理士を目指す人がとるべき道とは

最後のこちらの3ページ目で解説することは「税理士」をこれから目指して頑張っていこうとしている方々に向けた、その資格の取り方や、どういったルートでそれを目指していけばいいのかというプランニングなどについてとなりますので、参考になれば幸いです。

△ ページTOPへ